忍者ブログ

おばんで~す! このブログではニコ動・ポケモンの話が中心です。 でもたまに違う話もするかも とりあえず、下ネタ豊富なんで、その辺はあらかじめご了承ください

サントス帝国

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PTで重たいポケモンチェックツール

ダウンロード   


おばんでーす。サントスです。
今回はPTで重いポケモンをチェックしてくれるツールを作成しました。

以下の内容を確認してからご使用ください。


1.使い方

①チェックシートのPT16にパーティの6匹を入力します。(黄色のセル)

②チェック可能なポケモンは入力する真下にある「チェック可能対象」に記載されている63匹のみとなっております。

ボルトロスやロトムについてはチェック可能対象にある記載と同じ形式で記載してください。

対象の63匹以外のポケモンを診断したい場合以外は以下のA案、B案のどちらかで対応してください。

 A:似ているポケモンで代用する。

 B:相性評価シートへ反映し、対象ポケモンを追加する。(詳細は「2.対象ポケモンを追加したい場合」 参照)

③入力が終わったら「診断開始」ボタンを押下します。

④押下後キツイポケモントップ10が表示されます。



2.
対象ポケモンを追加したい場合

①相性評価シートを開きます。

②追加可能エリアに追加したいポケモンの名前を記載します。

例、B66BN2に「バクオング」を入力

③今回追加するポケモンと今まで記載しているポケモンとの相性評価を行います。

 (110で評価を行い、値が大きいほど相性が良いことになります。同族対決は5にするのがオススメです。)

④無事、入力が終われば診断対象として追加されたことになります。(ただし、追加は10匹まで)



3.
注意事項

①本ツールは2014/10/07時点での相性評価をもとに作られたものです。環境の変化には対応していないため、流行のポケモンの変化やルビサファリメイク発売後に信用性が低下することが考えられます。

②本ツールの相性評価はサントスの独断と偏見で設定しました。また、かなりの数の評価を行っているため、信頼性が怪しい部分もあります。ツール使用者が各自相性評価の再設定を行うことで信頼性が高まると考えられますので適宜再設定を行ってください。110で評価を行い、値が大きいほど相性が良いことになります。同族対決は5にするのがオススメです。)

③本ツールでの相性評価は種族単位で行われております。そのため、「はちまきアローには強い構築だけど、ゴツメアローには弱い」といった種族内での差異には対応しておりません。あくまで種族単位での相性評価であることをご了承ください。 

④本ツールでは、PT6匹であることを前提とします。

⑤本ツールの再配布は禁止します。

⑥本ツールでの不具合/問い合わせ対応は基本的に行いません。各使用者の責任/判断でご使用ください。(※ただしテスト版での配布時は除く)


PR

対戦オフ用メモシート

おばんでーすヾ(❀^ω^)ノ゙
対戦オフの時に自分が使ってるメモファイルが他の方から使ってみたいという
声を頂きましたのでアップいたします。
コンビニで印刷する際にはPDFでないとできない場合がけっこうあるみたいなので
気を付けてください。

エクセル用 
ダウンロード

PDF用
ダウンロード









PTチェックツールVer1.1

ダウンロード


PTチェックツールを更新しましたのでアップします。
前回同様エクセルのツールなので動作環境はエクセルが使えることが前提となります。
また前回のアップ時に「拡張子がうんたんで開けない!」という人がいましたが
そうのような人は拡張子を手動で「xls」に手で修正すれば無理やり開けます。
(言っている意味がわからない人はググりましょう)

一応それでもツールは動くことを確認しました。
また、今回チェック項目の見直し・追加だけでなくチェック記録をつける機能も
つけましたのであわせて使用していただければと思います。


使い方については本ツール「説明」シートをご確認ください。
今回もかなりの辛口になってます。70点いけばかなりいいPTだと思います。






サントスのPT構築方法と他の人の影響について

おばんでーす。サントスです。
前回/前々回の動画にて他の実況者の型と構築が似ている云々の話がありましたので
その話について私からご意見を書かせて頂きます。
まず私がポケモンの構築を行う時のやり方で大きく二つあります。
①コンセプトを決めて1から練り上げていく。
②他の人の構築案を真似し、そこから自分の使いやすいようにカスタマイズする。
前々回から今回までの構築についてはメガバシャーモ・サンダーの組み合わせから
①の方針で考えた構築になります。
この際、①の場合でも細かい部分の決定(技構成・努力値振り等)については
他の人のブログや動画を参考にすることは多々あります。
今回の場合もナットレイの技構成について、ほかの実況者の型の影響を受けております。
また動画内でもよく言ってますが、1個人の意見として他人の構築やポケモンを真似すること
は強くなるために推奨していますし、自分自身強くなるために積極的に行っていこうと考えています。
それは今後もその方針です。
また、反対に自分の構築案をまねていただくこについては積極的に行って頂ければ光栄なこと
だと考えております。
以上が、本内容についての自分の意見です。
以後、動画内でこの内容についての議論は控えて頂くようお願い致します。

シングル厨&キツネの社 使用構築

おばんでーす。サントスです。
今更ですが、シングル厨とキツネの社で使用した構築を簡単にですが
記載したいと思います。(努力値などは書き方が雑です)

なお、それぞれの結果は
シングル厨 予選7-3一位抜けからのベスト8
キツネの社 予選6-3で予選敗退
でした。


(1)シングル厨使用構築
なむるさんの構築案をベースに作りました。
                     

◆リザードン
【持ち物】
Yの石

【性格】
おくびょう

【努力値メモ】
CSぶっぱ

【技構成】
オバヒ、ほうしゃ、めざ地、ソラビ

【個別解説】
エース枠。ビビヨンやガルーラあたりを意識して最速。
ガブに弱いとこだけいけてない。めざ地ときあいだまは
どちらを採用するか悩ましい。

 

◆ニンフィア
【持ち物】
こだわりメガネ

【性格】
ひかえめ

【努力値メモ】
HほぼぶっぱCを11Nまであげて残りをBS調整

【技構成】
ハイボ、サイコショック、でんこうせっか、めざ地

【個別解説】
よくいるテンプレ。有利体面を作って圧力をかけていく子。
ねむカゴめいそうも使ってみたけど、そちらもありだと思う。


◆ローブシン
【持ち物】
とつげきチョッキ

【性格】
いじっぱり

【努力値メモ】
H実数値で207
Aを11N調整。
こうげき+1カイリューのげきりん耐える物理耐久
Dはきれいに実数値100(たまたま)
Sはギルガルド抜かれ調整(個体値15で無振り)

【技構成】
ドレインパンチ、マッハパンチ、はたきおとす、れいとうパンチ

【個別解説】
性格は根性。相手に高火力フェアリーがいなければかなり出しやすく活躍してくれる。
反面、高火力フェアリーがいるといっきに出しにくくなる。
そこまで対策がされてないので刺さるときは鬼のように刺さる。
シングル厨のときには大暴れしてくれた。


◆サンダー
【持ち物】
ゴツゴツメット

【性格】
ずぶとい

【努力値メモ】
H191、Sを最速バンギ抜き、C少しだけ(44くらい)振って残りをBにぶっぱ

【技構成】
ボルトチェンジ、ねっぷう、めざ氷、はねやすめ

【個別解説】
過労死枠。基本的にマリルリはこいつで見ている。
どくどくがほしい場面も多かったが、カイリュー・ガブに強くいける点でめざ氷を採用。
ちょっきマリルリでボルチェン読み居座り後続へのじゃれつくorたきのぼりは死んでしまうの

でやめてください(切実)

◆ガブリアス
【持ち物】
スカーフ

【性格】
いじっぱり

【努力値メモ】
ASぶっぱ

【技構成】
げきりん、じしん、エッジ、アイヘ

【個別解説】
主人公。ただのスカーフ。イケメン。


◆ガルーラ
【持ち物】

【性格】
ようき

【努力値メモ】
ASぶっぱ

【技構成】
ねこだまし、すてみタックル、れいとうパンチ、じしん

【個別解説】
じめん&氷の技範囲が好きなので(マンムーみたいな感じ)この構成。
最速にすることで個人的に嫌いなグライオンをぶち殺せたりするところがたまらない。
同族にも強く出れる。火力が足りなくなるのはしょうがない。

 


(2)キツネの社使用構築

            
   


◆サーナイト
【持ち物】

【性格】
ひかえめ

【努力値メモ】
Hぶっぱ、C11N調整、Sをメガ進化後で最速70属抜き、残りB

【技構成】
ハイボ、サイコショック、みがわり、きあいだま

【個別解説】
クレセリアやポリ2等の高耐久・火力低めの特殊ポケモンに対して、
みがわりを貼ってアドをとっていく。きあいだまは、主にドラン・ナット意識。
ポリ2がハイボだと確2にならなかったりするのでその際にも使用
かげうちがほしい時がけっこうあったり。
数は減っているが、受けループへの対策枠でもある。


◆ヒードラン
【持ち物】
ふうせん

【性格】
ひかえめ

【努力値メモ】
Hが実数値で191、Sを実数値で110、残りC

【技構成】
オーバーヒート、ラスカノ、ステロ、ほえる

【個別解説】
フェアリー対策枠。マリルリは知らない。
また、吠えるでバトン構築やちいさくなるなどにも
ある程度の対策にはなる。
ステロはこの構築ではあまり使わないが、まける時にまくとおいしかったりする。
吠えるがあるので瞬間火力重視でオバヒを採用。

 

ガブリアス、ガルーラ、サンダー、についてはシングル厨のときのまま
ローブシンは特性をこんじょうから鉄のこぶしに変更。


【PT総評】
レートで使用した際にはリザY・ニンフィアも活躍していただが、
シングル厨でこの二匹が戦犯になったこともあり、解雇。
またこの二匹の場合だと高火力フェアリーの受けがきついことと
このPTでよく呼ぶクレセを起点にしたいということから、
サーナイトとヒードランを新たに組み込んだ。
サーナイトはかなり使いやすかったが、かげうちがほしいシーンが
多く、技構成には再検討の余地がありだと思う。

社を終えての反省点としては
・サンダーの負担が大きすぎたこと
・催眠対策が薄すぎたこと
・地雷要素が少なかったこと
・ガルーラ/クレセというわりと多い並びがつらいこと
等があげられる。


最後に。
雑にいれたガルーラ・ガブはとりあえず強い。

【おまけ】
キツネの社最終戦 VSあまくささん

DZ6G-WWWW-WWW7-DJEW
個人的に一番楽しかった試合。

グラさんとの生放送メモ

5/4のグラさんとの生放送枠での内容のメモです。
メモだけだと不明点が多いのでTSと合わせてみていただけるとわかりやすいかと思います。


http://com.nicovideo.jp/live_archives/co1337251?side_bar=1
【ポケモンXY】サントスとしゃべらナイト!withグラさん【3枠目】

<メモ>
【全体について】
・大局観⇒スタートから対戦終了までを俯瞰し、どこにいるかを冷静に分析する能力
・対戦数を稼ぐ⇒型の把握、環境の把握、大局観を磨く。
・KP上位はしっかりメタれ!⇒サントスブログにツールあり
・負けても放り投げない⇒敗因を分析しよう。
・自分のPTでよく出されるポケモンは把握しろ!

【選出について】
・先発に出して受けない状況は作らない。⇒後ろに受け性能が高い子を控える。
・相手の選出が読めないときには、こちらの攻撃が通るポケモンを選択する
・選出メインの補完になるポケモンを入れる。
・相手から見てこっちに刺さってポケモンへのケア
・役割破壊技の有無を選出段階から意識すること。

【PT構築】
①使いたいポケモンを2~3匹決める
②上記のポケモンと相性の良いポケモンを決める
③さまざま観点で穴がないか確認する
④脳内で何戦か行い、PTのチェックを行う
⑤KP上位のポケモンに対して処理ルートを決めておくこと

おまけ
サントスVSグラさんのBVコード
AA7G-WWWW-WWW7-6VKU

トスタポンテさんのコミュ2000人記念大会での対戦メモと構築

結果はすでにご存じの方が多いと思いますが、せっかく良い結果だったので記念に簡単な対戦レポと構築案について書いてみました。

大会の詳細について:http://d.hatena.ne.jp/tostaponte/20060301
当日の参加者は93名でした。


〜対戦前その1:エスパー枠の決定〜

六世代でエスパー単はクレセリアしか使用しておらず、どの子にするかを決めるところからスタート。

適当に上から殴れる高火力高速アタッカーがいいなあ

→アグノム

→五世代メインROM紛失により全員消滅(五匹くらい)

→エーフィで妥協するか

エーフィ孵化。育成。完了。雑にたすきフルアタでいいかー

あれ?これ、フーディンのほうが強くね?(たすき潰れない特性の上、Sも早い)

⇒孵化からやり直す

という流れでエスパー単枠はフーディンに決まりました。

(ちなみに自分はフーディンはむかしからけっこう好きなポケモンです)

 

〜対戦前その2:PT構築〜

フーディンの育成が完了したのが大会当日のPM2時くらい。ここから大会ルールを意識し構築を考える。

本大会の特徴的な部分は二つ

①エスパー単は必ず1匹いる

②クレセリアはいない

まず注目したのが②である。

クレセがいないならいつもクレセで止められてるやつが暴れられるのでは?という考え

→◆メガガルーラ軸を決定。(構築ポイントその1)

つぎに相手のガルーラもきついことが必然であり、自分と同じ発想の人もいるはずなので

◆ふうせんガルドを選択。これは①も意識しており、ここまでは納得で組めました。(構築ポイントその2)

ここまで決めてテニスに出発。

帰宅(19:45)。大会まで1時間強。飯を作り食べながらあわてて構築を考える。

①について

出てくるであろうエスパー単でやっかいなやつを考える。

→ゴチル・ナンス。

さらに各エスパー単に強いメガゲンガー主軸のPTに組み込みやすいことから

ゲンガーナンスやゲンガーゴチルの構築を意識する。(構築ポイントその3)

次にメガハッサムが来るのではないかと予想。(構築ポイントその4)

(エスパー単に強く上記構築にも強い)

ここらへんを意識しつつもPTバランスがよくなるように組むことを意識。

残り三枠を

◆スカガブ

→メガゲンガーに強いし、普通に強いので決定

◆ゴツメボルチェンサンダー

→PT全体で受け性能が低いので受け役かつ、かげふみでキャッチされない子ということで決定

◆ラムほろびマリルリ

→竜の一貫性を消す。積み構築への回答。地雷枠

という感じで決定。

・フーディンだけ浮いてる感があること(他の子とのシナジーがない、単体で戦う感じ)

・試運転ゼロであること

・メガ枠が1つであること

が懸念材料だが、いざ大会へ

【PTまとめ】

◆フーディン@たすき

サイコショック

シャドーボール

マジカルシャイン

くさむすび

→特に考えずのフルアタ

◆ギルガルド@ふうせん

シャドボ

ラスカノ

王楯

どくどく

→どくどくはポリ2意識。動画のpart7の子

◆ガルーラ@メガ

すてみタックル

ねこだまし

れいP

ほのP

→ようきAS。ほのPはハッサムメタ

◆ガブリアス@スカーフ

げきりん

じしん

アイヘ

エッジ

→動画のpart7の子

◆サンダー@ゴツメ

ボルチェン

ねっぷう

めざ氷

はねやすめ

→受け役

◆マリルリ@ラム

たきのぼり

じゃれつく

アクジェ

ほろびのうた

→地雷枠

〜大会編〜

※相手の選出で先発が★、残り二匹が●で表記します

※対戦内容を全部は書きません。ハイライトとしてポイントを絞って書きます。

【一回戦】

シード!ヾ(❀^ω^)ノ゙ヤッター

【二回戦】

VSちんねんさん

ソーナンス

★ゲッコウガ

バンギラス

グライオン

●ゲンガー

●サンダース

サントス

★ガルーラ

●ガブリアス

●ギルガルド

<対戦ハイライト>

先発対面から、絶対にゲンガーに引いてくると確信。

メガ進化しないですてみタックルを打つ。

→相手はゲンガーを出した!

サントス「勝った!第一部完!」

→赤ゲージで残る。

サントス「・・・・・・・・・・」

ほろび読みでギルガルドへ引く。読み通りほろび

その後、ガルドとゲンガーで相内。

その後はゲッコウガのねっとうでスカガブがやけどして雲行きが怪しくなりましたが

なんとか序盤のリードを保って勝利。

【三回戦】

VSりょーさん

●ゴチルゼル

バンギラス

ガブリアス

ハッサム

★ボルトロス

●スイクン

サントス

★ガルーラ

●サンダー

●ギルガルド(?)

<対戦ハイライト>

初手対面で、でんじは撒いてからのゴチル展開を確信。

ねこだましを打ってサンダーに引く。→読み通りでんじは。サンダーで無効

→ボルチェン→スイクン出てくる。(ここから伺うに相手としては意地でも麻痺からのゴチル展開をしたいことを確信)

すてみタックルでスイクン処理。

ボルト出てくる→サンダーにひっこめる 的なサイクルでラス1ゴチルとガルーラが対面

すてみタックル→7割くらい入る

ゴチルかげぶんしん

サントス「1積みでよけるわけないやろwwww」

次ターン

すてみタックルは外れた!!!

サントス「ファーーーーーーーーwwwwwwww」

かげぶんしんさらに積まれる。

しかし、次で無事すてむタックル当てて勝利。心臓に悪いのでやめてほしい。

【四回戦】

VSキュゥべぇさん(ひ○よさん)

ニャスパー(レベル24)

●グライオン

キノガッサ

●ハピナス

★ゲンガー

バンギラス

サントス

★フーディン

●ガルーラ

●ガブリアス

ハピ・ラッキーに薄い構築なので、あたりたくないと思ったらまさかの遭遇。

しかも苦手なグライオンまでいる。やめちくりーーーーー

<対戦ハイライト>

初手対面でハピナスが出てくることも含めてのサイコショック選択

交換でハピナス出てくる。4割程度入る。微妙・・・・・・

相手交換でグライオン出てくる。ダメージ的にHSよりも耐久よりかと判断

ここで自分はフーディンはたすきだし、受け出しできないので落ちるまでフーディンつっぱを決定

数ターン後、ひ○よさんが深読み(?)のおかげでゲンガー出てきて落ちる。

→ハピナス出てくる。

→サイコショックきゅうしょ(うますぎワロタ)

→ハピ落ちる

グライオンとしばらくうんたんしてフーディン落ちる

→メガガルのれいPでグライオン落して勝利。

もしかしたらフーディンは最後まで活躍しないかもと思ってたのでここで活躍出来てうれしかったです。

あとハピへのショックきゅうしょはズルでした。

【準々決勝】

VSほむらさん

エーフィ

★ガブリアス

●ルカリオ

カイリュー

ギルガルド

●ファイアロー

★フーディン

●サンダー

●マリルリ

ガルーラは、主軸なので全試合だそうくらいの気持ちでいたが

どう見てもルカリオが出てくると思ったのでお留守番

<対戦ハイライト>

初手対面でマジカルシャインとがんせきふうじ

次のターン択げー。

サントス「いうてステロ撒けないだろ!」→交換サンダー

ガブリアスのステルスロック!!

サントス「・・・・・・・・・・」

完全なる、読み★負け

げきりん受けてサンダー半分くらい→めざ氷でガブ落す

ルカリオ登場

→サントス「???????」

ルカリオのインファをギリ耐える。ねっぷうで落とす

→相手ラス1アロー。ブレバでサンダー落ちる。

マリルリ出す

サントス「さあ、こいよ鬼火!ラムマリルリでわからせてやるよ!!!」

アローの鬼火!!!

サントス「きたあああ!ラムの実くったれ!!!」

しかし、鬼火は外れた

サントス「・・・・・・・・・・」

とにかくたきのぼり打って勝利。

選出が非常にかみ合った感じの試合でした。

時としてガルーラを切るというのがうまくいった試合でした。

 

【準決勝】

VSりんさん

ソーナンス

★ブラッキー

パルシェン

●ボルトロス

●ギルガルド

ルカリオ

サントス

★フーディン

●サンダー

●ギルガルド

※選出順違うかもしれません

パルに破られると負けということで、ビビッてスカガブ出せず。

結果ブラッキーにどくどくを入れないと勝てない選出に。

<対戦ハイライト>

初手ブラッキーのバークアウトを見て

バークアウト・イカサマ・つきのひかり・どくどく

の型だと判断。そのため

サンダー交換

→相手がどくどくを打つ

→ボルチェンでどくをよけながらガルドに交換

→ガルドでどくどく

という処理ルートでいくことを決める

無事、ガルド・ブラッキー対面。

サントス「いくぜ!どくどく!!!」












ブラッキーのちょうはつ!

ギルガルドはどくどくが打てない!!!!!

▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂うわああああああああああ

 

負けを確信し、脳内でここまでのハイライト始まる。

というのは、けっこうマジでしたが、一応つきのひかりがPP8ということもあるので

つきのひかりを枯らすというクソみたいな勝ち筋がうっすら残ってるのでそれを拾いにいくことに。

サンダーへ交換。

ここでうちのサンダーでブラッキーに一番良いのは、ねっぷうでのやけど

→定数ダメでつきのひかりを枯らすのに最適

ということでねっぷうを選択。

相手交換ガルド

→ねっぷうはきゅうしょにあたった!!!!(1ズルトス)

次ターン

→ねっぷうでギルガルドはやけどした!!!!(2ズルトス)

ということで無償でガルド突破。完全にズルトス。

そこからブラッキーにねっぷうをひたすら打つお仕事。

4発目くらいでやけどを引く。シンクロ発動してサンダーもやけど(すっかりシンクロを忘れていた)

はねやすめやボルチェン(相手のちょうはつ解除)で択ゲーしながら、つきのひかりを枯らす。

→最後はフーディンがボルトロスを上から殴って勝利。(白目

負けを確信した試合でしたが、あきらめないと勝てることもあるという(最強決定戦のエレジーさん戦のような感じ)

試合でした。運も終始こっちがよかったです。

【決勝】

VSエルーナさん

アグノム

●ポリゴン2

エルフーン

★ガブリアス

マリルリ

●ゲンガー

サントス

★ガルーラ

●サンダー

●ギルガルド

BVがあるのでハイライトは省略(鑑賞会で公開しましたが)

→X4KW-WWWW-WWW6-68W7

【最後のエルーナさんの降参について】

あくまで予測ですがゲンガーの型が

シャドボ・ほろび確定で残りが、まもる・みがわり・かなしばり

の中から2つ。とかだったのではないかと思います。

この場合はガルーラへのダメージソースがないので

・ゲンガーつっぱり⇒ゲンガー落ちて後から出てくるポリ2がガルーラに殴られるor毒

・ポリ2交換→ポリ2落ちる→ガルーラに有効打なしのためゲンガーオワタ

でかなり詰んでるので降参も納得できます。

対戦中はまったく気づかず、降参の瞬間押しミスかと若干思いました。

ふつうにへど爆とか打たれたらかなり苦しい局面だったので。

個人的にはふいうち読みでおにびらへん来るのではと思ってました。)

そのため、「あれこれ、どうなの?え?優勝??え?押しミス?えっえっええ!?」

と困惑してました。

BV公開後にエルーナさんから押しミスではなくちゃんとした降参である旨を確認しました。

ということで優勝できました。

準決勝のVSりんさんの試合は負け同然みたいな感じになったので、なんか決勝にいったとき不思議な気分でした。

今回の大会の勝因は、

・雑にエスパー単をぶっこんで昔の構築の使いまわし、みたいなことをしなかったこと

・明確なプレミがなかったこと

・大事な場面で運が良かったこと(これがデカい)

だったと思います。

今回でニコ生の大会の優勝は4回目(五世代から通算で)となりましたが、

これに満足せずもっと勝てるように精進していきたいと思います。

最後に素敵な大会を開いてくれたトスタポンテさんと応援&おめコメをくださった皆様へ心から感謝したいと思います。

本当にありがとうございました!

追記

なむるんの構築をちょっと参考にしてたのは秘密。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チャットルーム

チャットルーム(PC用) http://chat.kanichat.com/chat?roomid=sanchat
チャットルーム(携帯用) http://chat.kanichat.com/mobile.jsp?roomid=sanchat

最新コメント

[05/30  ]
[04/03 D'forss]
[11/05 サントスチャット]
[08/14 iuvqlcgsqy]
[07/23 NONAME]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
サントス
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- サントス帝国 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]